トーシツを考える

2021/02/12

2月12日(金)


 先日「我が家の母は ビョーキです」という漫画を
 学びの館で借りてきました。

 統合失調症の母親を抱え、病気のことが分からず20年以上も
 苦労した作者自身の体験談です。

 私の親戚にも、教え子の中にも同じ病気の人がいます。
 毎年の決算委員会でも私は、その関連のことを質疑
 しますが、確実に患者数が増えているのが分かります。

 「脳の病気」ということが分かるだけでも家族や周りの
 人は気が楽になるということが本を読んで理解できました。

 精神疾患がある親の子どもが悩みや体験を語り合える
 機会をつくろうと、南山大学の学生さんが支援団体
 「CoCoTELI」(ココテリ)を設立したと2/8中日
 新聞に載ってました。

 精神疾患についてももっとオープンに話ができる社会に
 なるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です