吉良家と米沢上杉家

2018/12/18

12月14日(金)
 今日はご存じ、吉良上野介毎歳忌。吉良町では、この日に向けて米沢上杉温故交流会(13日)、富子会記念誌出版披露会(9日)など続けて行事が開催されました。毎歳忌の墓前法要には毎年多くの方が集まり、吉良公の遺徳を偲びます。今更ながら、こうした縁を大切に交流を続けてこられた関係者の方々に敬意を強く感じた日々でした。
     
     吉良家の菩提寺・華蔵寺には、義央、継嗣義周など6
代にわたるお墓があります。
     
     義央の奥方富子さんの好まれた地、ということで
「富好」の地名が今に残っています。
     
     米沢上杉温故交流会の種村会長は、いつも柔和な
米沢弁の話しぶりで座を和ませて下さいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です