女性が働き続けるために

2019/03/22

3月22日(金)
 本日、3月定例会最終日が無事に終わりました。議案が一つ取り下げになる等ありましたが、その他は全て可決されました。最終日の今日、補正予算の上程がありました。それは、風疹の抗体検査と予防接種代で約9000万円でした。

 今回は、昭和37年から昭和54年4月生まれの男性、該当者は4200人ほど。国の補正予算から実現したものです。該当の方は、個別に通知がありますので、しっかり検査、抗体なければ予防接種を徹底していただきたいと思いました。

 そして、ここ1ヶ月の間に保育士で育休中、女性消防士(救急救命士)として他県で活躍していたが、結婚で西尾市に戻るという元生徒の相談が相次ぎました。みんな、頑張って資格取って結婚して・出産して・・・仕事続けたいのに現実の問題にぶつかってもがいています。

 制度はちゃんとあるけど、運用の面でまだまだ途上状態の「女性活躍社会」です。何とか、彼女達が働き続けられるよう支援していきたいと思っています。

        
上越市では消防祭りで女の子も体験。
        未来の消防士の育成に繋げているそうです。

     

      

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です