聖なる夜に

2021/12/26

12月26日(日)

 聖なる夜、皆さま如何お過ごしになりましたか?

 私は、多忙を口実に24日帰宅後、数日前にTVで見た 
 あのミクニシェフのアップルタルトを作ってみました。

 
 りんごは紅玉がなかったのでサンふじで。

 娘宅では、エルフが家の中の色んな所に出没して
 孫たちが良い子にしてるか観察していたのだそうです。

 
 そして23日の夜、「またね!」の手紙を置いて姿を
 消したということです。
 孫たちは、無事にサンタさんからプレゼントが届き
 めでたし、めでたし・・。

 ずっとずっと前、塾を始めてからは気取って個人輸入した
 ポットで紅茶をいれ、手作りの焼きっぱなしケーキに粉砂糖。
 ろうそくでキャンドルナイト。もちろん外の木々にはイルミ
 ネーション(とにかく手作りにこだわった。)

 
 一年にクリスマスの時だけ出番のある英国製ポット。
 個人輸入は、英語の勉強にもなるし・・とこじつけて。
 この夜ばかりは、ジュースも市販のお菓子もありません。

 皆で「きよしこの夜」をほの灯りの中で唄った後は、当時
 出始めたUNOやジェンガ、英単語のビンゴなどで盛り上がり。
 最後は夫が扮したサンタにささやかなプレゼントをもらい、
 その日のレッスンは終わり!

 そう言えば、当時はフィンランドにあるロバニエミ市のサンタ
 さんに9月頃お手紙を書くと、ちゃんとクリスマスまでには
 返事が届いたんですよ!もちろん無料で★

 そんなクリスマスが25年ほど続きました。
 今では、イルミネーションもUNOも一般的になりましたね。

 中学生の頃からミーハーで欧米の暮らしに憧れ、雑誌やTVで
 入る異国の生活情報を掴むことに血道を上げていたんですね。

 今、子どもたちが家庭を持ってそれぞれ我が子のために一生懸命
 クリスマスを演出している様子をLINEで見ながら、懐かしく昔を
 思い出し、夫とタルトを頬張ったことでした、
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です