PFI事業見直方針・検証報告し

2018/03/10

3月5日(月) 一般質問3人に続き、全員協議会が開催されました。 いよいよPFI事業の見直し方針が発表されました。 これまで巷で話題となっていた事業だけを書き出しますと ・旧一色支所・・利活用するか解体するかを引き続き検討する。 ・多機能型市営住宅・・建設しない。 ・一色老人センター・・解体しない。 ・対米・巨海住宅・・解体しない。 ・子育て支援センターいっしき・・改修は行なわず、解体する。 ・寺津温水プール・・建設しない。 ・寺津小中学校給食室・・建設しない。 ・吉良中学・・改修しない。 ・一色B&Gプール・・大規模改修が必要になった場合には解体する。 ・吉良歴史民族資料館・・改修しない。 …

記事の続きはコチラから


一般質問2日目まで終了

2018/03/03

3月1日(木) 2月27日が代表質問、28日・3月1日で12人の一般質問が 終わりました。 今回私の登壇は、2月28日の午後一時から1時間。 議題は、  1.「より積極的な健康づくりに向けて」   データヘルス計画の進捗状況を尋ねたところ、17事業のうち   13事業は「達成・おおむね達成」とのこと。そのうち、健康にし   おマイレージ事業は徐々に効果を上げてきている。20~40歳   代の層に浸透が至っていない。   糖尿病の重症化予防策については、保健師が医療機関への   受診状況の確認、生活指導など実施。144人の対象者のうち   99人が受診に至る。   糖尿病重症化による透析治療は、…

記事の続きはコチラから


3月定例会始まる

2018/03/03

2月26日(月) 本日より3月定例会が始まりました。 今定例会より、貸与されたタブレットを議場に持ち込みが 義務付けられました。 議案も全てタブレット内に入っています。 当分は、紙媒体資料も併用です。 操作にまだ慣れていませんが、ブログ更新もこのタブレットで やってみようと思っています。 2月の研修会での様子。戸惑いの声もあちこちから。

記事の続きはコチラから


西尾市議会タブレット導入

2018/02/20

2月14日(水) 午前中、全員協議会で平成30年度予算案の概況説明が ありました。 事前審査にならぬよう、質疑はなく一方的に説明を聞くのみ です。 そして午後、西尾市議会もいよいよタブレット導入、ということで 取り扱い研修が開かれました。 午後1時から5時過ぎまでという長丁場で、多くの議員は疲労 困憊の顔つきでした もちろん私もです!        3月定例会からは議場にも持ち込み、審議に使用します。

記事の続きはコチラから


2月定例部会終わる

2018/02/09

2月8日(木) 昨日、今日とで2月定例部会が開催されました。 なかで議員が注目していたのは、PFI事業についての市民 アンケートの結果でした。 それは、今日の午後の企画総務部会で発表されました。 事業そのものの理解についての問いに75%の人が「あまり 知らなかった」「知らなかった」との結果でした。 吉良支所のフィットネス建設や旧一色町役場の解体、そして 寺津温水プールなど、メディアで話題になったものに関しての 問いには「必要・不要」「解体して・解体せずに」「見直し・見直し せずに」それぞれ地区ごとの関心に応じての数字が出ていました。 例えば、一色町に関しては、支所を解体することの方に支持が 多…

記事の続きはコチラから


西三河市議会合同研修会

2018/02/02

1月30日(火) 西三河市議会合同の研修会が開かれました。 会場は、岡崎市の図書館交流プラザ「りぶら」です。 このりぶらに行くたびに心底羨ましく思います。 読書を楽しむ人も、小さな子どもを連れた人も、学校帰りの学生 さんも、ボランティアの人もみ~んなここに来て用が足せるから です。 私も豊田市の友人と会うとき、よくここを待ち合わせ場所にしますが ず~とここに居たいと思うほど居心地の良い所です。 今日の講師は「そこまで言って委員会NP」などでお馴染みの 須田慎一郎氏でした。 TVで拝見しているそのままに、機関銃のように繰り出される政治・ 経済のお話は、大変面白くあっという間の90分でした。 「経…

記事の続きはコチラから


産廃会議例月会

2018/01/28

1月27日(土) 今週は大寒波の襲来で全国各地震え上がっての1週間 でした。 活動も内向きになりがちで、議会運営委員会や会派会議の 他は、3月議会に向けての準備や調査に費やしました。 午前中、「環境を守る会」の例月活動である海岸清掃だった のですが、会員が6名、余りに寒く少しやっただけで中止に なってしまいました 夜は、例月会議でしたが、少しずつ若い方の参加者も増え 賑やかくなって来たのは本当に喜ばしいです。 今月は、西三河野鳥の会 高橋事務局長のお話を伺い ました。 一色町の竹生新田は、淡水・汽水域が混じり合い、全国的 にも珍しい、野鳥にとって貴重な区域だそうです。 特にシギ・チドリ類が多く…

記事の続きはコチラから