ごみ分別方法統一に向け一歩前進

2019/03/28

3月28日(木)
 新しい「ごみの分け方・出し方ガイドブック」が届きました。平成23年合併時には、4冊のガイドブックでした。平成28年から2冊。

 そして、いよいよ1冊に!でもまだ、不燃ごみ袋は旧西尾市で存在しています。燃えないごみは、西尾地区と一色・吉良・幡豆地区とで異なっているわけです。

 この新しいガイドブックを見て、西尾地区の方達も同じ市民であっても分別方法が違っているんだ!と気づいてくださるといいなと思います。

 新しいガイドブック作成に当たっては、ごみ減量に関して熱心な団体の協力もありましたし、何よりごみ減量課の職員さんが現地・現場を見て、しっかり地域の声を聞いて統一に向けて最大限の努力の結果と感謝しています。5言語での概要版もHPからダウンロードでき時宜にかなったものだと評価したいと思います。

 さあ、もう少し!不燃ごみ袋撤廃に向けてがんばりましょう!

     
     西尾地区では、その他貴金属品と埋立ごみを一緒に
     一つの袋に入れて出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です