自民党女性局会議

2020/02/18

2月18日(火)

自民党女性局として今年度は、南海トラフ巨大地震等に備えて、女性ならではの

視点を活かしての取り組みをしていくことを協議しました。

具体的には、例えば「液体ミルク」の避難所への備蓄などです。

看護連盟からは、藤田医科大学岡崎医療センターのクルーズ船コロナウイルス感染者

受け入れの案件についての報告がありました。

近隣住民からの感染拡大の懸念もある中での決断です。


女性局としてどんな活動ができるか、毎回の議題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です