免許証返納支援の移動販売車

2021/12/02

12月1日(火)

 
 本年4月から始まった東幡豆地区の移動販売車。
 (𠮷良幡豆地域包括支援センターより写真提供)

 
 西尾市の「まーちゃ」のマークも乗せてます。
 15地点50人の利用があるそうです。

 今日2番手で一般質問に登壇。

 議題1「免許証自主返納促進に向けて」
  コミュニティバス割引乗車証の交付などの返納
  支援策はありますが、移動販売車の稼働が昨年の
  一般質問以来、一挙に進みました。

 包括支援センターさんのご尽力で豊川市内のスーパー
 との委託「とくし丸」が走ることになったのです。

 まさか、こんなに早く実現するとは思っていませんでした。
 総合体育館周辺でも11/30から、豊田市のスーパー
 が同じく「とくし丸」で。

 今後は三和地区などにも広がるそうですが、市内の事業者
 さんも参画して下さることを願います。

 議題2「子どもの健康について」
  コロナ禍で子どもの心と身体に影響はないでしょうか。
  答弁は大きな影響はない、とのことですが、そのまま
  信じて良いものか懸念しています。

  おうち時間が増え、スマホなどデジタル機器に触れる
  時間も幼いうちから増えているのは確実です。目の
  健康も気になります。3歳児健診で弱視の早期発見に
  威力を発揮する「ポイントビジョンスクリーナー」の
  導入を目指しているとのことで嬉しく思いました。

 議題3「さらなる包括支援体制の構築に向けて」
  本年4月に施行された改正社会福祉法における重層的
  支援体制整備事業に関しての市の考えを質しました。

  現在、それぞれ専門分野において、地域や関係機関と
  連携した体制を整えており、どこが相談の窓口になっ
  ても課題の把握と支援のつなぎを確実にすることで、
  重層的支援に相当する体制を築いていけるものと考え
  ている。
 という答弁でした。

 子ども・若者相談窓口が開設され、想定以上の相談者が
 来所しているとのことですが、ここは一応40才まで。
 地域包括支援センターは、一応65歳以上。その狭間に
 いる人はどこに行けば良いのでしょう。ひきこもりは
 保健所が相談窓口。色んな機関が本当に綿密に連携し
 合って、支援の手からこぼれ落ちることのないような
 体制づくりが求められていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です