愛知県立にしお特別支援学校内覧会

2022/03/29

3月29日(火)

 待ちに待った愛知県立にしお特別支援学校の内覧会の
 日が来ました。

 愛知県下初の身体障害と知的障害の児童生徒の受け入れ
 です。安城や岡崎まで通わなくてもよくなります。

 本日は、皆さまご家庭に居ながらにして校内をぐるりと
 ご案内致しましょう。

 
 いこいの農園真向かい。玄関は北口です。

 
 玄関入るとじきにふれあいホール。広くて
 回りはらせん階段に取り囲まれています。

 
 ホールからは中庭が見渡せます。

 
 車いすでも楽々通れる広い廊下。

 
 この教室は定員3~6人の教室です。

 
 自立訓練室の奥には、スロープのあるプールが!
 浮力を利用しての訓練が行われます。

 
 プレイルームでは、座った姿勢を保てるようチャイルド
 シート様のイスが見えます。安心して座ってボール遊び
 できますね。

 
 調理室です。車いすでも調理実習できるようなテーブルです。
 高さも調節でき、もちろんIH調理器です。

 
 食堂です。隣接の給食センターから運ばれた給食を先生も
 一緒に食べられます。胃ろうの生徒さんもいるので全員が
 この食堂で、というわけではありません。

 
 これは何でしょう?屋外から室内に入る車いすの泥汚れを
 洗い流すレールです。

 
 そして、これは何でしょう?ベンチの下をご覧下さい。
 通気口みたい。パッシブソーラーシステムのようです。
 最先端!

 
 外にも25㍍プールがあります。深さは90㎝。

 「だっこの会」を立ち上げ、粘り強く要望活動を続けられた中根愛子
 さん初めご父兄の願いがようやく実現しました。

 要望を市議会もしっかり受けとめ、時の市議会議長小林敏秋元議員
 からはその当時のいきさつを何度も教えてもらいました。

 色んな繋がりと協力と出会い、そして少しの偶然が大村知事の決断を
 促し、総工費70億円の大事業が実現しました。

 4月1日、62学級、251人、教職員約130名でのスタートだ
 そうです。医療的ケア児も受け入れますから、看護師は5人配置
 されます。

 校庭西側には、救急車も入れるよう専用入り口も確保されています。

 私が交差点で街頭活動で会報配りしている時、あるお母様が
 「うちの子には間に合わなかったけど、みんな学校できるのを
  楽しみに待ってますから!」と話しかけて下さいました。

 今後は、この学校を卒業した後のこともちゃんと保障される
 ような地域社会を作っていかなければなりませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です