春日市「コミュニティスクール」視察

2019/02/03

1月24日(木)
     
     名札までご用意して頂き、会議室で話を聞く会派仲間
     
     議場室に掲揚してある国旗は、パネル型です

 三日目は「コミュニティスクール」について、春日市さんでお話を伺ってきました。年間70自治体が視察に訪れる春日市コミュニティスクールとは、学校・家庭・地域が真に三位一体となって、対等なパートナーとして子どもの育つ地域基盤を作る仕組みです。市の平均年齢が42.4歳、高齢化率も最近やっと21%と、西尾市とは少し状況は異なりますが「協働と責任分担」というキーワードは、共通のものと心得ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です