「子どもの権利条約」根拠に画期的判決

2021/04/28

4月28日(水)

 
 
 名古屋教会幼稚園の日照権をめぐる訴訟で
 「子どもの権利条約」を根拠とする画期的な
 判決が出たとの報(中日新聞4/28朝刊)を
 興味深く読みました。

 判決理由の中には

 「児童には最善の利益が保障されなければならない」

 とありました。

 1989年に国連総会で「子どもの権利条約」が採択され
 日本でも1994年に批准されました。各自治体でも条約に
 沿った条例制定が求められてきましたが、まだまだです。

 西尾市では、昨年12月定例会で議員提案条例として制定
 されましたが、議場で、

 「なぜ今、制定の必要があるのか?」
 「子育て支援計画があるのに、なぜ条例?」

 などの質疑がありました。
 私は深く関わった議員として、コロナ禍で大変ながまんを
 強いられ、大きく声を出すこともできない子どもたちを今
 こそ地域全体で、社会全体で見守っていくことが大切との
 思いを答弁しました。

 「児童の最善の利益」

 この文言を改めて私たち大人は重く受け止めなければなら
 ないと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です